こんなサイトです

面白い!使ってほしい!英語教材の紹介。

以前、外資系の会社に出向してました。英語が出来る日本人ってこんなにいるんだと驚いたものです。話す英語はもちろん、書く、読むといったレベルがみんな半端じゃなかった。私はそれほどできないので、毎日が苦労の連続でした。

ミーティングも英語、廊下に貼ってある様々な表示も英語、メールはもちろん英語、OSまで英語、様々な面倒な手続きもぜ~んぶ英語。いろんな国の人たちが英語を使っていて、聞いたことのない発音をする人たちも一杯いました。

フィリピンやインドの方々の英語は特にわかりずらかったです。あと、イギリス人の英語も慣れるまでは聞き取りにくかった。少し慣れてくるとイギリス人の英語の方がアメリカ人の発音より分かりやすく感じました。

発音だけは、なんか簡単にマスターできました。3ヶ月くらい練習しただけでしたが、英語というよりは、音楽を学ぶ感じでやったところ、うまくいった気がいたします。それでそのノウハウを中学や高校の英語の先生にネットを通して発音を教えていたことがあります。添削みたいな感じでやってました。英語の先生といっても発音が苦手な先生って結構いるようでした。子供たちからは、先生の発音下手くそといわれることもあったようでお手伝いさせていただきました。でも、発音だけなんです、私。英語力はなし。それがまずかった。

というのは、出向先でまる覚えしていたフレーズをそれなりの発音でさらーっと、話してしまう。そうすると、あっちは機関銃のような勢いで話し始める。こっちは「???」です。全然話せない。

そうすると、あっちは「何だコイツ?」みたいな顔をしてくる。

なんか勉強の仕方が間違っていたみたい。中学の教科書程度ならわからないところはないんだけれど、そのレベルの英語を活用して話したり、書いたりということができない。読んでわかる。聞いてわかる(教科書なら)って感じです。発信型じゃないんです。

キチンと体系的に英語を学んできたということはしていません。文法もしっかりはやっていません。でも、なんかずっと英語が気になってって色々な教材に手をだしてしまう毎日です。とにかく全部中途半端なのです。やりきった!何度も繰り返した!なんて教材はひとつもありません。これじゃダメですよね。

でも、教材が気になって、気になってしょうがない(ある種の病気だよね)。こんな人が書いてます。

以前もメルマガや、ブログを通して教材の紹介をしていたんですが、サーバーを乗り換える際、うまくできなくてデータがなくなっちゃいました。また、コツコツと書いていきます。英語を学習している方々に何かヒントを与えたりすることができれば幸いです。

どこのブログにも紹介されているような教材は、なるべく載せないようにします。へえ、こんな教材があったんだ!という発見のあるものを紹介していきます。

英語の発音上達に役立つ情報

英語の発音を上達させる一番手っ取り早い方法は、英語の歌や、英語の朗読を何度も聞いて真似することです。発音練習に役立つ素材をなるべくたくさんご紹介していきますので、自分で気に入ったものがあったら、徹底的に聞きまくり同じように歌い、朗読できるようにしてみてください。

音楽に関しては、私はカントリーミュージックが良いと勝手に思っています。テンポも比較的ゆっくりなものが多く、アメリカ英語の発音のコツがたくさん詰まっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする